借金が町にやってきた

歯の矯正装置は、他人から見てすぐにわかってしまうことが悩み、という場合もあります。しかし、人から見てもわかりにくい装置もあります。
歯科矯正で使われているプラケットは、以前は金属製の装置を使っていましたが、現在は歯の色に近いセラミックスのプラケットが開発されており、歯の表面に装着してもあまり目立ちません。
インプラント費用の格安の9割はクズまた、歯の裏側に装着するフジタメソードと呼ばれる手法もあります。
ただし、セラミックスプラケットは金属プラケットに比べて溝が摩耗しやすいため、コントロールしにくい場合があります。またフジタメソードは最初のうちは舌に当たって喋りにくかったり、下の粘膜に影響を与える場合があります。一方で外から全く見えないことや虫歯になりにくいというメリットがありますので、よく検討してみてください。